豊胸手術の種類

シリコンバッグによる豊胸手術

ヒアルロン酸を使うプチ豊胸や、自分の脂肪を取り出して再注入する脂肪豊胸など、手術までしなくてもバストサイズを大きくする方法が色々とあります。でも、シリコンバッグを挿入する方法だけのメリットがあるこ…

More Info

脂肪注入による豊胸手術

豊胸手術の中でも、脂肪注入は自然に仕上がる方法で人気があります。自分の皮下組織から搾取した脂肪から不純物などを取り除き、抽出した脂肪を注入するという施術です。注入した脂肪は定着し、胸の脂肪組織を増…

More Info

ヒアルロン酸注入による豊胸手術

他の方法だと怖い人でも大丈夫

豊胸した後も、大きくなったバストを半永久的に維持できるシリコンバッグは確かにいいですが、手術をすることに抵抗がある人も少なくありません。血漿や脂肪など、自分の組織を使って違和感のない仕上がりを出す豊胸術もありますが、豊胸の為に血液や脂肪を取り出すのが怖い人もいるでしょう。施術時間が短くて、身体への負担がほとんどない方法がいいなら、ヒアルロン酸を注射で加えるだけの豊胸術がおすすめです。ヒアルロン酸は眼球の硝子体や肌など、体中に存在する成分なので、アレルギーなどの拒絶反応をほとんど起こしません。 ヒアルロン酸は身体にすぐになじむ成分なので安全性が高い反面、どうしても時間経過とともに吸収されるという性質があります。最近は低吸収性のヒアルロン酸も豊胸用に使われるようになりました。

自分のバストラインにこだわりたい人に

胸のサイズがAカップやFカップなど人によって全く違うように、バストラインもその女性によって千差万別です。ヒアルロン酸で豊胸する際にも、ただたくさん注入すればいいというわけではなく、その人の本来の胸の状態を活かして最適な場所に注入することで、きれいに整ったバストに修正することができます。左右で大きさが違っている人は、小さい方に多めに注入すればバランスが取れるでしょう。 胸が左右に離れている時は、胸の内側の方によりたくさんヒアルロン酸を入れると、きれいで違和感のない谷間が作れます。豊胸するのと同時に、垂れた胸を引き上げたいなら、下の方に多めに注入すると上向きの胸になるので、アンチエイジング目的でも人気です。

豊胸手術のメリット・デメリット

豊胸手術のメリット

バストは女性の象徴でもあり、小さかったり形が悪かったりなど、コンプレックスを感じるようなバストだと自分への自信も無くしてしまいます。豊胸手術は、そんなコンプレックスを取り去り、心を軽くしてくれる施…

More Info

豊胸手術のデメリット

女性らしいメリハリがあるスタイルになることができる豊胸術は、美容整形の中でも人気があるジャンルの一つです。バストのサイズを大きくすると同時にリフトアップしたり、形を美しく整えることもできるのでメリ…

More Info

手術費用はどれくらいかかるのか

人には誰でも自分の体の中でここが気に入らないという部分はあるでしょう。しかし、気に入らないレベルは個人差がかなり激しく、人によっては大きなコンプレックスになっていることもあります。コンプレックスを…

More Info

貧乳なら一度は考える豊胸

貧乳の女性なら、巨乳の女性に憧れることが多いでしょう。また、一度は豊胸したいと思うこともあるはずです